遠くの両親(介護保険施設)、わたしの暮らし 

脳梗塞で父が倒れ介護保険施設の生活をスタート。遠方で暮らす両親とわたしの日々


スポンサーリンク

母に怒ってしまいました

 

父の施設は予約すれば面会ができるようになっています。

父のことで気になることもあったので、

面会を母に勧めたところ断られました。

そのときは「まぁ、仕方がないか」と思いました。

 

そして今日になって、いろいろ電話で話していたところ、

「数日前に父に面会してきた」

ポロッと言ったのです。

面会してきてくれたのはうれしかったのですが、

言うつもりがなかったのに、言ってしまったという感じが気になって、

毎度のことながら報告してくれないことに不満があって、

こうして毎日電話して何かなかったか聞いてもいるのに、

それでも言わないのはなぜなのか。

 


スポンサーリンク

 

母がわけのわからない言い訳をはじめて、

次第に腹が立ってきて、

怒りが爆発してしまいました。

あー、やってしまった。

こんなことで怒るなんて。

 

電話を切って、しばらくして母からメール。

(私も高齢になったので、そこらへん理解してください)みたいな内容で、

自分を正当化しようとする姿勢に再びイラッ。

本当に火に油を注ぐのがうまい。

悪びれる様子もなく、改善する気も無い母の態度に嫌になってしまいました。

ダイソー「カラーペン30色」「シールブックねこいっぱい」「ふわっと軽い粘土」

 

ダイソーでカラー水性ペンが30色も入って100円!

これはお買い得。

最近はキャップのないノック式水性サインペンがあって、フタを取る手間が無いのは高齢母にもいいなと思っていますが、ダイソーには流石に無いですね。

 

猫ちゃんのシールブックに心惹かれました。

猫のいそうな部屋のイラストが描いてあり、そこに猫ちゃんシールを好きに貼っていくというもの。

認知症の方にも指先を動かしてもらって、楽しめるのでは。

どこに猫ちゃんのシールを貼るか考えるので、脳にも良さそう。

まだ母には簡単すぎるか?

 

先日、グズる他人の子供のためにシールをバッグに常備している親切な「シールおばさん」がいると知りました。

わざわざシールを買って、小袋に詰めて準備している。

すごい。

道端で配っていたアニメ柄のティッシュを泣いてた子供にあげたことはあったけど、買って用意するってなかなかできないですよ。

渡すときは親御さんにひと言声を掛けて、許可をもらっているそうです。


スポンサーリンク

 

「ふわっと軽い粘土」

パッケージからすると人形とか作るのに向いてる粘土なのね?

調べたら「自然乾燥で固まる手芸・工作用粘土」だそう。

 

人形やスイーツを作る人が多かったですが、

ペットボトルを土台にして花瓶を作ってる人がいました。

小学校の時やった気がする!

 

なるほど、そういう遊び方もできますね。

母に差し入れしたら、何か作るだろうか。

梅雨が明けても、こう暑いと部屋の中で楽しく過ごせるようなモノを探してしまいます。

ダイソー「トップ立ち上げコーム」「ふんわり分け目コーム」「コテなし簡単カーラー」

 

ダイソーで気になった商品

「トップ立ち上げコーム」

「ふんわり分け目コーム」

「コテなし簡単カーラー」

 

髪がぺったんこになるんですよ。

あと、分け目もどうしてもパカッとふたつに割れちゃう。

こういうのを使ったら、本当にうまくいくなかな。

使いこなせる自信が無くて、調べてから買うことにしました。


スポンサーリンク

 

同じコーナーに白髪染めもありました。

100円で白髪染めできたら安いよね。

私は染めるほどまだ白髪が無いので買いませんでしたが、

100円で買えるのかー、と感心したのでした。