遠くの両親(介護保険施設)、わたしの暮らし 

脳梗塞で父が倒れ介護保険施設の生活をスタート。遠方で暮らす両親とわたしの日々


スポンサーリンク

【セリア】『画仙紙はがき』絵手紙などに。インクジェット対応

 

ダイソーではがきを買おうとしたら、つるつるっぽいペラペラなハガキしか見当たりませんでした。

施設にいる父に面会できないので、季節の絵柄をプリントアウトして母に送り、ハガキに文章を添えてもらっています。

そのため母がペンで書きやすそうな紙質が好ましい。

 

ハガキは直に触ることができないため、ビニールの上から、ペンで書きやすそうか吟味する。

100円のハガキに何を真剣になっているのか。

傍からはそう見えるかもしれない。

 

前はセリアで『画仙紙はがき』を買いました。

近くにセリアができたので『画仙紙はがき』を買いに行きました。

f:id:caigo:20210418100011j:plain

『画仙紙はがき』30枚入り。

普通のハガキくらいの厚みがあります。

絵手紙向きのハガキですが、インクジェット対応です。

 

画仙紙はがきはAmazonでも売られていますが、お値段が結構します。

セリアの画仙紙はがきはかなりお手軽ですね。

紙の品質の違いが、価格の差なのでしょうが、

素人絵ハガキはセリアからはじめるといいかも(≧▽≦)

 

f:id:caigo:20210418100638j:plain

ペンも書きやすい紙質で、母からクレームはありません。

4月は桜、5月は鯉のぼりといったイラストをプリントアウトして、父に季節感を届けるようにしています。

今回は、今ぐらいの季節に家族で外出した写真をプリントアウトして送りました。母もそのときのことを思い出しながら父に手紙を書いたそう。

思い出すことも脳に良いと聞くので、積極的に昔の写真をプリントして送っています。

昔の漫画を『漫画ミュージアム』に寄贈しよう!【おすすめ断捨離・終活】

 昔の漫画を『漫画ミュージアム』に寄贈しよう!【おすすめ断捨離・終活】

f:id:caigo:20190614102118j:plain

昨日、ホンデリング活動を紹介したのですが、漫画雑誌は寄付の対象外でした。

でも古い漫画って、それだけで価値がありますよね?

専門のマニアックな古本屋さんで、漫画雑誌も買い取って頂けることもあるようですが、漫画ミュージアムで寄贈を募集されています。

漫画ミュージアムでしたら大事に保存して頂けると思います。

故人になる前に、感謝してもらえるうちに漫画を寄贈するのもおすすめです。

 

京都国際漫画ミュージアムで古い漫画の寄贈を募集されています。

風刺漫画・風刺雑誌も募集されています。 

 

関連リンク マンガ資料寄贈募集 | 京都国際マンガミュージアム


スポンサーリンク 

北九州漫画ミュージアムでも漫画の寄贈を募集されています。

寄贈して欲しい漫画のタイトルの記載もありました。

その中に、わたせせいぞう氏の作品ならどの作品も寄贈を受け付けるとあって、さすが九州!

わたせせいぞう氏は福岡県出身で、門司港近くにに「わたせせいぞうギャラリー」があるのです。

観光で訪れたことがあります(^o^)/ 

 

関連リンク 漫画資料寄贈募集について | 北九州市漫画ミュージアム

 

他にも全国に漫画ミュージアムがあります。

宮城県に「石ノ森萬画館」、神奈川県に「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」など漫画家別に美術館もあるので、寄贈したいと思う美術館を選んで問い合わせされると良いと思います。

本の断捨離は警察署へ寄贈がおすすめ!犯罪被害者の支援になるよ【実家片づけヒント】

 

不要になった本を、図書館へ寄贈できると書いたことがありますが、

不要になった本が、犯罪被害に遭われた方々への支援活動に活用される

『ホンデリング』を知りました。

寄贈された本の売上代金を支援費用に充てる仕組みです。

 

ご両親が健在だと、本を手放すことが難しいこともあると思います。

しかし、こうした活動に寄与できるなら積極的に片付けに賛同してくれるかも?

まずは1冊からでいいと思うんです。

 

ホンデリング 活動を行っている警察署があって、

警察署で本を寄贈することができます。

 

f:id:caigo:20210415145434j:plain

画像参考:奈良県生駒警察署

参考リンク ホンデリング 本でひろがる支援の輪 | 奈良県警察本部

 

本の回収箱を常設している警察署もあれば、期間限定の警察署もあるようです。

活動に参加されているかどうか、最寄りの警察署にお確かめになってから本を寄贈下さい。

活動をされてなくても、問い合わせがきっかけで活動に参加されるかも!?


スポンサーリンク 

 

京都府では、京都府庁にホンデリングの回収ボックスが置かれています。

f:id:caigo:20210415150713j:plain

画像参考:京都府ホンデリングプロジェクト

 

役所など回収箱を置いている自治体もあるようです。 

三井住友海上火災保険(株)など企業でも、社内に回収ボックスを置いてあって社員さんが本を寄贈されているそうです。 

 

但し、注意があります。

どんな本でも良いわけではありません。

 

ISBN(国際標準図書番号)がついていない本は査定することができません 

(2010年より以前に出版された本のほとんどが寄付になりません)

 

以下の本は買取り価格がほとんどつかないため寄付にならずお断りされています。

百科事典

コンビニコミック

個人出版の本

マンガ雑誌

一般雑誌

同一タイトル11点以上

シングルCD

投票券等特典付きCD

「児童買春・児童ポルノ禁止法」(関連法令含む)に抵触する恐れのある全ての商品

 

母の暮らしている地域では期間限定で回収箱が置かれたことがありました。

私も最寄りでホンデリングの回収箱が無いか探してみようと思います。

  

関連リンク ホンデリング~本でひろがる支援の輪~・公益社団法人 全国被害者支援ネットワーク