田舎に住む両親をどうする? ~遠距離介護な日々~

父が脳梗塞で倒れ遠距離介護がスタート。田舎に住む両親をどうするか考える日々

お年玉付年賀切手当せん番号の決定!4月にもチャンスが!両親の年賀状の当選結果。

お年玉付年賀切手当せん番号の決定!4月にもチャンスが!両親の年賀状の当選結果。

f:id:caigo:20190120153855j:plain

 「今日は年賀状の抽選日だよ」電話で母に話したら、

「どうせ当たりっこないから関係ないわ」と興味の無い返事。

「それはわからないわよ。今年の年賀ハガキは何枚来たの?」

「十数枚」

「あっ、年賀状の当選番号が発表されてる!」と言ったら、

「教えて!」と母が勢いよく聞いてきました。

 

1等(下6けた)当せん番号 7 1 0 1 2 9

プレミアム賞品(国内旅行、アクティビティ体験、ロボホン、ドローンの4点の中から1点)又は現金30万円

 

2等 (下4けた)当せん番号1 7 6 3 

ふるさと小包など

 

3等 (下2けた)7 8、 4 2、 0 2

お年玉切手シート
 

東京2020大会応援賞 5 組 2 6 3 9 7 0

 

賞品の引換期間2019(平成31)年1月21日(月)から同年7月22日(月)まで 

 

ダブルチャンス賞 郵政記念日である2019年4月20日(土)に2回目の抽せんを実施しますので、まだまだチャンスはあります!

賞品は特別な切手シート(当せん本数:1万本)でシリアルナンバー入りの特別仕様です。

 


スポンサーリンク

母はすぐに年賀はがきの下2けたをチエックしだして、

「02があった!」

と嬉しそうに叫びました。

やっぱり当たるとうれしいんじゃん(^^)

それからどんどん調べて、

「あー!76惜しい!、、、、これも!41!惜しい!03、惜しい!」

あんなに抽選に興味の無いようなこと言ってたのに、惜しいを連発し、悔しがる、悔しがる。

「当たらないと思ってたのに1枚当たったのだからよかったじゃない」

そう言ってみても、

「惜しいハガキがいくつもあるのよ」

「さっきまであーんなに抽選は興味の無さそうなこと言って、ハズレたらハズレたで随分とくやしがるのね」

「だって惜しいから、、、」

「十数枚しかないのに1枚当たったのは大したものよ!」

と励ましてみても、惜しい番号にこだわりを見せる母。

やっぱり冬はちょっと調子が悪いのかな?

明日(21日)から郵便局で引き換えてもらえると教えたので、天気が良ければ郵便局まで行くと思います。

郵便局まで往復20分くらいでしょうか。

散歩してもらえる口実ができたので、年賀はがきが当選してよかったです。

私も東京2020大会応援賞など期待しましたが残念。

でも切手シートが当たりました。

ダブルチャンス賞も楽しみにしています。