田舎に住む両親をどうする? ~遠距離介護な日々~

父が脳梗塞で倒れ遠距離介護がスタート。田舎に住む両親をどうするか考える日々

要支援2でも入所できる施設「ケアハウス」軽費老人ホーム。「ケアハウス・自立型」は母にどうなのか?

要支援2でも入所できる施設「ケアハウス・自立型」

 

f:id:caigo:20170720000746j:plain

母のために要支援2でも入所できる施設を探すことになりました。

真っ先に考えたのが「ケアハウス」の自立型です。



老人ホーム検索のLIFULL介護
スポンサーリンク
「ケアハウス・自立型」軽費老人ホームとは?

 

f:id:caigo:20171208112456j:plain

 ケアハウスは身寄りがない高齢者や家族との同居が難しい高齢者が軽費(無料または安い費用)で利用できる、食事付きの施設です。

ケアハウスは各部屋にキッチンがついている自炊タイプと、食堂で食事を提供するタイプがあります。

 

「ケアハウス」自立型の入居条件

入居資格は60歳以上で、介護認定は必要ありません。

介護が必要になったら退所しなければなりません。

スポンサーリンク

 

「ケアハウス・自立型」は母にどうなのか?

f:id:caigo:20170703233114j:plain

母にひとり暮らしをさせるのは不安だけど、 簡単な身の回りの世話は自分でできます。

ケアハウス・自立型はそんな母にぴったりな施設です。

費用面でも施設の中で負担が少ないほうなのでおすすめの施設です。

しかし、ちょっといいなと思ったケアハウスに電話したところ「待ち(待機人数)もいっぱいで空きはなかなか出ないです」との返事。がーん!

いろいろケアハウスを調べてわかったのが、

 

そもそもケアハウスの数が少ない。

希望する立地に無い。

満員。

待ち人数も多い。

 

いろいろあって半年後に同じケアハウスに電話したら「急に空きがたくさん出たので、申し込みをして頂ければ入居できるかもしれません」と言われました。

「待ち人数も多いですが春ほどでは無くなりましたし、お断りされる方もいらっしゃいますので思ったよりははやく順番が来ると思います」

半年で随分と事情が変わるものですね!

しかし、入所できる確約が無いので、冬前に入所させたい母にはケアハウスの空きを待つのは無理だと判断しました。

 

「ケアハウス」のメモ

電気代が個別徴収になっているところが多いと感じました。

料金が一律であっても、冬や夏には冷暖房費として数千円加算するケアハウスも見受けられました。

洗濯機がコインランドリーになっていて有料なところもありますので、入所の際に費用の詳細を確認されたほうが良いと思います。

ケアハウスは比較的元気な高齢者が暮らす施設なので、外出は自由です。(門限があるところもあるかもしれません)

ケアハウスから仕事に通っている人もいました。

駐車場を借りて車に乗っている人もいますし、自転車で出かける人もいます。

自立型のケアハウスは介護が必要になったら退所しなければなりませんが、なかには十年以上暮らしてる方もいらっしゃいました。

ケアハウスによっては訪問者(家族)を部屋に泊めることができ、布団のレンタルサービスもあります。

レクリエーションに力を入れているケアハウスでは外出を企画してくれたり、菜園のあるケアハウスでは野菜を育てることができます。

施設によって特徴があるので、自分の好みに合った施設を選ぶのがおすすめです。