田舎に住む両親をどうする? ~遠距離介護な日々~

父が脳梗塞で倒れ遠距離介護がスタート。田舎に住む両親をどうするか考える日々

町で借りれる、高齢者宅に緊急通報装置の貸与サービス。高齢者の見守りサービス。

町で借りれる、高齢者宅に緊急通報装置の貸与サービス。高齢者の見守りサービス。

 

f:id:caigo:20170922150613j:plain

母がひとりで実家暮らしをするなら、何か見守りできるものはないか?

セコムなどの企業サービスもありますが、役所で緊急通報装置の貸与サービスしていることを知りました。

緊急通報装置はボタンを押したら消防署につながり、救急車を呼ぶことができます。

緊急通報装置によっては、緊急と相談のふたつのボタンがあって、相談を押すと相談センターにつながり、健康等に関する相談ができるものもあります。

ひとり暮らしの高齢者宅に緊急通報装置の貸与サービスを行っている自治体は多いので、確認すると良いと思います。 

 


スポンサーリンク

 

高齢者宅に町で緊急通報装置の貸与サービスの費用は?どこに申し込むの?

f:id:caigo:20170701153809j:plain

緊急通報装置の設置は無料のところもあれば、千円程度の初期費用が発生する場合もあります。

月々の負担は、保守通報(動作確認のための自動通報等)にかかる電話代数十円程と、緊急通報時の電話代になります。 

役所で申し込みするところがほとんどですが、民生委員が行っている自治体もあり、地域によってさまざまです。

役所の福祉課や地域包括センターに質問すると教えてもらえます。