田舎に住む両親をどうする? ~遠距離介護な日々~

父が脳梗塞で倒れ遠距離介護がスタート。田舎に住む両親をどうするか考える日々

身体障害者手帳の申請結果。身体障害者手帳と福祉医療費受給者証を取得しました。体験談・感想レビュー

身体障害者手帳の申請結果。身体障害者手帳と福祉医療費受給者証を取得しました。体験談・感想レビュー

 

f:id:caigo:20171202124848j:plain

父の身体障害者手帳の申請をしてから1ケ月半後、まずは母に電話があって「身体障害者手帳の2級になりました」と報告が役所からありました。

えっ!2級!?

医師の診断書では4級相当の障害とあったので、上と下を合わせて3級判定になればいいなと思っていましたが、さらに上をいく2級となりました。

申請してみないとわからない、とチラホラ聞いてはいましたが本当にそうでした!

申請から結果まで平均2~3ケ月かかると聞いていましたが、とてもはやかったです。

 


スポンサーリンク
身体障害者手帳の申請結果を受けて、そのメリットは?体験談・感想レビュー

f:id:caigo:20171106215726j:plain

 障害者手帳と一緒に『福祉医療費受給者証』を頂きました。

『福祉医療費受給者証』医療機関を受診するときに、保険証と一緒に提示することで、医療費の個人負担額が無料になります。

おぉ~!本当にありがたいです。

身体障害者手帳の3級以上の人が福祉医療費受給者証を頂けると聞いていたので、3級以上が欲しいと思っていました。(自治体によっては2級以上のところもあります)

父にとって身体障害者手帳を取得するいちばんのメリットは医療費の個人負担が無料になることだと思います。

しかも、交付を受けた月中に既に支払った医療費に関しても返金していただけるとのこと。

その場合は、領収書、振込先のわかるもの、認印を持って役所で手続きをする必要があります。

先に福祉医療費受給者証を頂きましたが、福祉医療費受給者証交付申請書を後日提出しました。

 

身体障害者手帳を取得してみて。体験談・感想レビュー

f:id:caigo:20180322105502j:plain

身体障害者手帳の申請をしたいんですけど」と相談したとき、病院職員にも、ケアマネージャーからも、逃げ腰な態度を受けました。

詳しい理由はわかりませんが、身体障害者診断書・意見書を頂いたとき、内容が詳細でその書類を作成するのが手間がかかるからかな?と思いました。

メリットがあるのは我が家であって、病院側にはメリット何もないのに手間だけかかるから引き受けたく無かったのでは?

役所に障害者手帳の申請する手続きは簡単だけど、身体障害者診断書・意見書を作成してもらうのが大変だったという印象です。

父は今は外出できないので、実際に障害者手帳を作成しても、その恩恵が少ないけれど、いざ施設を移動することになったり、病気で入院したときに役立つと思っています。

ずっとモヤモヤしていたのですが、障害者手帳を取得できれしまえば結果よし!

申請をあきらめなくてよかったです。