田舎に住む両親をどうする? ~遠距離介護な日々~

父が脳梗塞で倒れ遠距離介護がスタート。田舎に住む両親をどうするか考える日々

父の身体障害者手帳の申請手続きをした体験談。身体障害者手帳の申請手続き方法。母の気持ち。

父の身体障害者手帳の申請手続きの体験談

f:id:caigo:20171122161208j:plain

父の入所している介護老人施設では往診があります。

ケアマネージャーさんに電話で父の身体障害者手帳の申請手続きを相談するとうやむやな返事。

最後には「申請するには(脳梗塞を患ってから)時間が必要ですから」と、やんわり断ろうとするではありませんか!

どうりで母がてこずるわけです。

「6ケ月経ってますので申請できるはずです。もちろんお医者様が、まだリハビリをして回復の見込みがとかおっしゃるなら見合わせますけど」と答えると、一旦保留にされてから「 申請書を持って来てもらえば出しますよ」と。

おいおい!さっきまでのあの渋りはなんだったのー!?

こうして身体障害者手帳の申請手続きをお願いすることにしました。

スポンサーリンク

 

父の身体障害者手帳の申請手続き方法

f:id:caigo:20171202124848j:plain

身体障がい者手帳交付申請書    1通
指定医師の診断書・意見書      1通
写真(たて4㎝ よこ3㎝)         1枚
※ 撮影から1年以内(6ケ月以内のところもあります)のもの。裏面に氏名を記載。

 身体障害者手帳の申請手続きに必要な書類は以上の3点で、役所に提出します。

 

役所の担当者さんに、医師の診断書には種類があって、肢体不自由や視覚障害、聴覚と平行機能の障害、音声機能や言語、咀嚼に関する障害、 内部機能障害などによって診断書の用紙が異なりますが、どれを用意しましょうか?と聞かれました。

え!聞いて無いよ~!

結局は正確なことがわからず、役所から直接施設に問い合わせしてもらい必要な診断書を送付してもらいました。

 

身体障害者手帳ができるまでの期間

 診断書を作成するのに2週間程度かかります。

そこから役所に書類を提出して1~3ケ月程かかります。

 

身体障害者手帳を申請するにあたって、診断書の注意

f:id:caigo:20170829181620j:plain

医師の診断書・意見書 が1通 必要なわけですが、 指定医師でなければいけません。

指定医師とは身体障害者福祉法第15条により、都道府県知事(政令中核市長)の指定する医師のことです。

ネット上で検索システムを用意している都道府県も見られますが、役所に問い合わせして指定医師かどうか確認することができます。

 私は渋られているのは往診のお医者さんが指定医師ではないからなのかなぁ?と思い確認しましたが、指定医師でした。

 

身体障害者手帳を申請するにあたって、スナップ写真でもOK

写真はスナップ写真から上半身を切り抜いたものでも良いとありました。

 父は施設にいるので、母に携帯で写真を撮ってもらいました。

お店でプリントアウトすることもできますが、母にはやり方がわからないので、メールで私に送ってもらいプリントアウトしました。

 

身体障害者手帳を申請するにあたって母の気持ち

 父の身体障害者手帳の申請に母にやや抵抗が見えるものの、メリットに理解を示してくれて問題ありません。

厚生労働省 身体障害者手帳の概要