田舎に住む両親をどうする? ~遠距離介護な日々~

父が脳梗塞で倒れ遠距離介護がスタート。田舎に住む両親をどうするか考える日々

父、再び倒れる。虚血性大腸炎。手術をしない選択肢。

f:id:caigo:20171106215726j:plain

父が退院して1ケ月後、再び救急車で運ばれました。

連絡を頂いたときは、また脳梗塞!?と思い、父の最期がよぎりましたが下血しているとのこと。

母から「検査の結果、腸が炎症を起こしているんだって」と連絡がありました。

慌てて病院へ向かい、、お医者様と話しているときにカルテを覗いて、虚血性大腸炎という病名だとわかりました。

虚血性大腸炎とは、大腸の血流障害により大腸粘膜に炎症や潰瘍が発症し、突然の腹痛と下痢・下血をもたらす疾患です。

便秘や動脈硬化が原因になります。

父の場合は喫煙ですね。。。

やっぱり禁煙してもらわなければならなかった!

後悔しても遅いです。

やっと老人介護施設に入所して落ち着けると思ったのもつかの間。

再び入院です。

こういうこともあるのか。。。


スポンサーリンク

 

医者からは手術をすすめられました。

炎症を起こしている腸を切ってしまうのです。

一度炎症を起こした腸は再び炎症を起こす可能性もあるとのこと。

しかし脳梗塞後で弱った父の体に手術は酷だと思いました。

それに知人の父親が癌で手術をしたのですが、あっという間に亡くなってしまった話を聞いたり、高齢になってから体にメスを入れるリスクが高いことを経験から知ってしまいました。

知人は手術をしなければよかったと泣いていました。

長生きをしてもらいたくて選択した手術なのに。。。

高齢者の手術が成功するかどうかは本人の体力次第なところが大きいと感じます。

 

手術をするかどうか、選択肢を迫られたわけですが、

 お医者さんには「なるべく薬で治してください」とお願いしました。

どうしても無理であれば手術で。

父も手術は嫌だということで、最終的には本人の意思を尊重するかたちになりました。

父に抗生物質が点滴され、虚血性大腸炎の経過を見ることにしました。

父は熱が出てしんどそうでした。