田舎に住む両親をどうする? ~遠距離介護な日々~

父が脳梗塞で倒れ遠距離介護がスタート。田舎に住む両親をどうするか考える日々

入院で支払った医療費が返ってくる!高額療養費支給の申請書の提出。高額療養費制度

入院で支払った医療費が返ってくる!高額療養費支給の申請書。高額療養費制度

f:id:caigo:20171002125312j:plain

先日に、高額療養費制度が70歳の父には自動的に自己負担限度額までで処理されることがわかりました。

が!

高額療養費支給の申請書が役所から送られてきました。

( ,,`・ω・´)ンンン?

あれー?自己負担限度額までしか払ってないはずだけど。

内容に、該当する領収証を添付のうえ申請書を提出してください、とあります。

確認すると入院していた病院と歯医者の領収証。

父は入院中に隣接した歯医者で入れ歯の調整をしてもらっていました。

つまり、その歯医者の医療費と、入院していた医療費を足すと、自己限度額を超えていることになります。

そういうことか!

それで役所から高額療養費支給の申請書が送られてきたのです。

なんと、該当する場合は自動的に送られてくるのです!

こちらで記入をしなければいけませんが、高額療養費支給の申請書を提出すれば、還付が受けられます。

なるほどね!

今まで確定申告の医療費控除と同じで、こちらから申請しないと還付が受けられないシステムばかりなのかと思っていました。

親切なシステムがあるじゃない!

今回、父を通して高額療養費制度がどんなものかやっと理解できたと思います。

他にも、高額介護合算療養費制度、高額介護(予防)サービス費など別の制度もありますが、役所に確認したところ、こちらも該当する場合は役所から申請書が届きますよ、とのことでした。

スポンサーリンク

 

あぶない!還付してもらい損ねるとこでした!

役所から高額療養費支給の申請書が届いていたものの、私はそんな書類の存在を知らず。

母はすっかり忘れていました。

医療費の領収証を整理してて、たまたま高額療養費支給の申請書を見つけたので今回は大丈夫でしたが、遠方だとこういう見過ごしもあるのか!とヒヤッとしました。

親の郵便物のチエックも大事ですね。