田舎に住む両親をどうする? ~遠距離介護な日々~

父が脳梗塞で倒れ遠距離介護がスタート。田舎に住む両親をどうするか考える日々

父が施設に入所するまでの準備・服や下着に名前を書く(父の脳梗塞から51日目~)

父が施設に入所するまでの準備

 

f:id:caigo:20170911133134j:plain

 父の入所する施設からの返事を待つあいだに、父の服や下着の用意をしておくことにしました。

入所予定の施設では洗濯は、

 

・家族が自宅に持って帰って洗濯をする

・施設の洗濯サービスに申し込む

 

このどちらかです。

私は施設の洗濯サービスに申し込むことにしました。

下着や服は1~2週間分ほどあれば足りるとのこと。

新しい下着を購入し、父の名前を書いておきます。

他の入所者さんとの洗濯物を区別するために書いておく必要があります。

 

洗濯しても落ちにくいペンで名前を書いておく

 洗濯しても落ちにくいペンでしっかりと名前を書いておきます。

わかりにくいと施設の方の仕事に支障が出ますし、紛失する原因にもなります。

なるべくはっきり、わかりやすい場所に書くようにしました。

ペンはマイネームが手に入れやすいです。

名前も書きやすいと思います。

 

サクラクレパス 油性ペン マイネームツイン YKT3-P 黒 3本

洋服の「表示タグ」に名前を書く人が多いです。

下着はウエストゴムあたりに名前を書く人が多いです。

 

ネームタグや刺繍をする

 ペンで書くのに抵抗がある方はネームタグを利用したり、刺繍を施すのがおすすめです。

例えば、子供向けの商品ですが、洗濯しても落ちにくいネームタグが販売されています。

イラスト無しの無地もあり、漢字もOKなので高齢者にも利用できます。

 

オミとリカ 洗える お名前シール -タグ用シール【メール便可】 ディアカーズ/おなまえシール/ネームシール


感想(227件)

 

 

服に名前を書かれるのが嫌な高齢

 高齢者のなかには、服に名前を書かれるのを嫌がる人もいます。

父には、洗濯を外注するので紛失しないため、ということは説明しました。

また「母が名前を書いた」と言うことで、どこに名前が書かれていても父は「仕方がない」と受け入れてくれたようです。

父は母がすることは、ほとんど何でも受け入れてくれます。