田舎に住む両親をどうする? ~遠距離介護な日々~

父が脳梗塞で倒れ遠距離介護がスタート。田舎に住む両親をどうするか考える日々

母の様子。食事の差し入れと車の片付け。(父の脳梗塞から18日目)

f:id:caigo:20170712150509j:plain

父の見舞いの後、母の様子を見に実家へ行きました。

このところ母に電話して食事は何を食べているか聞いていました。

「サラダでしょ、トマト、豆腐にかつおのふりかけをかけて、いもとこんにゃくとニンジンの煮物」

別の日は

「ほうれん草の胡麻和え、メンチカツ、ポテトサラダ、豆腐、昆布のおにぎり」

「昨日の残りに、豆腐、サラダ、、、パプリカが入ってるのが美味しかった」

など。

たんぱく質が足りない、とアドバイスしてから豆腐は欠かさず食べているようでした。

しかし、肉が少ないし、ビタミンにも欠けているように思いました。

そこで、トマトベースの野菜スープ、卵焼き、いちご、豚しゃぶサラダを差し入れしました。

2日分ほどのわずかなことですが、何もしないよりはマシかなと思って。

タッパからお皿にうつしてすぐに食べられるようにしてから冷蔵庫に入れました。

(食卓便は申し込んでいましたが、はじまるのはこの少し後でした)

母はいちごを食べて「これは酸っぱい」と言い、後日に甘いいちごを食べたくなって買ってきたそうです。

いつもと違うものを食べさせることで食欲が湧くこともあるのだな、と感じました。

 

父の車の処分を考えていたので、車の中を掃除しておくことにしました。

ダッシュボードからサングラスが5つくらい出てきました!

後ろの座席には、これでもかと座布団が敷いてあり、それらも捨てることに。

ゴミ袋にギュウギュウに詰めて4つできました!

車の後ろを開けると、段ボール箱に畳んだビニール袋がたっぷり。

お買い物のときに使っていたようですが予備が多すぎです。

折り畳みのクーラーボックスもいくつか出てきました。

それらを片付けたら下に大きな段ボールが敷いてあって、すべてを出してみると結構な量です。

ダンボールは紐でくくって脇へ置いておきましたが、重くて母には運べなさそう。

 車だけでこれだけゴミがでては、家がモノで溢れかえってて当たり前だわ!と思いました。

これでいつでも業者に車を引き渡すことができます。