田舎に住む両親をどうする? ~遠距離介護な日々~

父が脳梗塞で倒れ遠距離介護がスタート。田舎に住む両親をどうするか考える日々

実家の片付け、どこから手をつけるか?実家の片付けあるある。その8「本の処分に困る。田舎の古紙回収」(体験談)

実家の片付け、どこから手をつけるか?実家の片付けあるある。その8「本の処分に困る。田舎の廃品回収」(体験談)

 

f:id:caigo:20170819003312j:plain

両親が60代の頃、本を大量に捨てたことがあります。

そのおかげでかなり本が減っていましたが、近年に購入した本や捨てないでおいた本がまだたっぷりありました。

また実家には段ボールがたくさんありました。

スポンサーリンク

 

田舎の古紙回収って不便!

都会だと月に1回程度の古紙回収があったり、場所によっては随時出せるところもあると思います。

しかし、実家のほうでは古紙回収が年に数回しかありません!

年に数回のタイミングで実家に帰れるかどうかわかりません。

高齢の母には本類は重いので、全部出すなんてことはできません。

本を捨てるのにもひと苦労です。

思えば両親がダンボールを溜めこんでいたのも、体力から捨てる数に限界があって、段々と溜め込んでいたのかもしれません。

そんな両親の高齢化の変化に気付けないでいたんですね。。。

一度だけ古紙回収で捨てることができましたが、自宅前まで取りに来てくれないのでゴミ捨て場までの往復は修行のような大変さでした。

そこで何か良い方法は無いかと考えました。

 

【本の処分 その1】宅配買取サービスを利用する

 

 

本を処分する労力を最小限に抑えることができないか?と思いついた宅配買取。

BOOK-OFFなら送料無料で宅配買取サービスをしています。

古紙回収に出そうと思っていたくらいなので買取価格はこの際目をつむります。

実店舗が実家の近くにあるなら持込をしたほうが高く買い取ってもらえると思います。

それよりもゴミ捨て場まで持っていかなくていいなんて便利!

いつでも配送できるなんて最高です。

紐で縛らずに箱に入れるだけでOKなのもラク。

これなら高齢の母にも日頃からコツコツとダンボールに本を詰めておいてもらえます。

 

本を売るなら【ブックオフ】公式宅配買取サービス  

 

【本の処分 その2】雑誌類は燃えるごみで捨てる

 買取してもらえないような雑誌類は、できるだけ燃えるゴミでこまめに捨ててもらうようにしました。

古紙回収で出せるタイミングがあれば出そうと思います。

 

ダンボール回収している店があった!

奇跡的なタイミングで、ドラッグストアやスーパーでダンボール回収(無料)をしてくれるようになりました。

いつでも好きなときに持込みできます!

車を走らせる必要がありますが、これは便利。

探せば周辺にダンボール回収をしている店舗があるかもしれませんよ!