田舎に住む両親をどうする? ~遠距離介護な日々~

父が脳梗塞で倒れ遠距離介護がスタート。田舎に住む両親をどうするか考える日々

実家の片付け、どこから手をつけるか?実家の片付けあるある。その7「花嫁道具」(体験談)

実家の片付け、どこから手をつけるか?実家の片付けあるある。

 その6「花嫁道具」(体験談)

 

f:id:caigo:20170706104522j:plain

 実家の片付けをしている兄から電話がありました。

「お母さんが使って無いのに鏡台を取っておきたいと言うのだけれど、、、」

その鏡台はは母の花嫁道具のひとつです。

母が鏡台を取っておきたい理由はさぞかしノスタルジックなものだと思われるでしょうが違うのです。

その鏡台は母の注文とは違ったものが届いて、半世紀を超えてもそのことをブツブツ言います。

あるとき「どうして注文したものと違うって言わなかったの!?」と聞いたら、若い娘だった母にはそんなことさえ言えなかったそうです。

それでも払ったお金は結構な額だったようで、壊れても無いのに捨てるのは惜しいという気持ちがあるよう。

でも使ってないし、気に入ってない。

 

正確に言えば最近まで父が使っていました。

しかし脳梗塞になった父にはこの鏡台は使いにくそうだし、、、(この頃になってくると父の回復の見込みが怪しいとハッキリ言われないまでも薄々わかってきていました)

兄に「鏡台は花嫁道具のひとつなの」と教えると「そうなんだ!」と花嫁道具という言葉の含みで母が捨てるのをためらう理由がわかったようです。

「捨てるにしても時間が必要だと思う」とアドバイスすると理解してくれました。

ところが!

このすぐ後、片づけの最中にふとしたはずみで鏡台を壊してしまいました。

壊れたので鏡台は捨てることとなり、あのアドバイスは何だったの!状態に。

邪魔でも花嫁道具など思い入れのある家具を手放すのは難しいものだと思います。

親は自分から「思い出があるから捨てたくない」という理由は言わないと思います。

どうして捨てたくないのか「もしかして花嫁道具なの?」「お父さんに買ってもらったの?」と聞いてみると理由が見えてくるかもしれません。