田舎に住む両親をどうする? ~遠距離介護な日々~

父が脳梗塞で倒れ遠距離介護がスタート。田舎に住む両親をどうするか考える日々

父の入院。携帯をどうする?解約以外にも「とりあえず」な方法があります。

父は電話しか使いませんでした

 

f:id:caigo:20170615100516j:plain

両親の生活費を調べてハタッと気がついたのが携帯電話。

父はほとんど携帯電話を使っていませんでした。

買い物に出かけた際に、母との待ち合わせに使うくらい。

しかし、その待ち合わせも事前に何時にここでとあらかじめ決めており、用事をはやく切り上げた母が電話をしても電源を切っているというありさま。

田舎なので誰かが入院したり亡くなったりするとご近所さんから連絡がはいるのですが、それらすべて母の携帯にかかってくるようにしてありました。

そんな具合ですから、父はメールなんてするはずがありません。

スポンサーリンク

 

ほとんど使用していなかった携帯は契約している必要が無いのでは?

そう思いつつ解約するのはまだ躊躇われます。

そこで父の携帯がドコモなので、ドコモで何かサービスが無いか調べてみると、

ドコモ・長期間利用されないとき(海外赴任・留学など)の電話番号保管・解除

がありました。

電話番号およびメールアドレスを最長3年間保管できます、とあります。

事務手数料は1,000円。

 

ついでに他の携帯会社も調べました。

au  一時休止・再利用

長期間auケータイをご利用されない場合、電話番号とメールアドレスをお得な料金でお預かりします。電話番号およびメールアドレスの保管期間は最大5年間です。

契約事務手数料2,000円に月額使用料 (情報保管料)372円が必要です。

 

ソフトバンク 電話番号・メールアドレスお預かりサービス

電話番号とメールアドレス最大5年間保管するサービスです。

保管時には、事務手数料3,000円、月額390円がかかります。

 

こうしてみるとドコモの手数料はリーズナブルですね。

父の携帯の手続きをしたら、母の携帯プランを一度解約するなど何かと関わってくるはずなのですぐに手続きをするかどうか考えなくては。